膝の黒ずみの治療方法について

●膝の黒ずみの治療方法

膝の黒ずみの治療をするなら、まず第一に、黒ずみの原因だといわれている「習慣」を今一度見直すべきです。いくら丁寧な根気強い治療をしても、悪い癖が治らないと再度、何度でも黒ずみを作ってしまいます。黒ずみの原因である習慣とは、何回も意味もなく床に膝をついたり、バスタイム時にナイロンタオルで体をしつこく擦ったり、サイズが小さめできつ過ぎるパンツをはいたり…などです。これらの日頃の悪い癖を改善するだけでもかなり変わってくるでしょう。

既に黒ずみになってしまった部位の治療もとても大事です。皮膚が硬くなればなるほど黒ずみも進んで行きます。まずは膝の皮膚をソフトにするために、お風呂にゆっくりと入ったり、スクラブでソフトにマッサージをします。この時必要以上にゴシゴシこすると刺激が強くなるので十分注意して下さい。頻繁にやり過ぎてもよくないので、月に1から2回くらいがお勧めです。また、お風呂から出たら化粧水で保湿し、クリームやオイルなどで水分にフタをします。

肘・膝の黒ずみ対策としては、まず、最初にメラニンが生成されるカラクリをストップする必要性があります。摩擦や紫外線、圧力による黒ずみはこのケースがたいていです。メラニンが原因の黒ずみは、重曹は効果がないと言われています。

肘・膝が黒ずんでいる時は、皮膚表面に古い角質がいっぱい溜まって硬くなっています。皮膚が硬くなっていると、何度、黒ずみ治療をしても保湿成分が浸透して行かないので、皮膚表面の角質を除去しないといけません。その際は、スクラブやピーリング剤の使用が最適です。

肘・膝の皮膚をソフトにしたら、次に保湿成分を肌に与えます。肘・膝の皮膚は角層が分厚く乾燥しやすいので、保湿効果の高い成分を用いることで黒ずみ対策と予防ができます。保湿ケアには、美容液よりも油分が多めのクリームにすると、皮膚の表面を覆う役割もできます。

保湿ケアと同時に美白ケアを行うとくすんだ肘・膝の黒ずみもより早く元どおりの綺麗な肌に戻すことができます。美白ケアには、メラニンにアプローチするものや、肌代謝を促進することによって黒ずみを治療していくものなどがあります。

膝の黒ずみをとる方法【効くと評判の膝美白ランキングベスト3】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です